薬剤師

はじめまして、山澤です。

医療にかかわる者として、人々の健康に寄与したいですよね。ただ、薬を渡すだけでなく、その人の服薬履歴やアレルギーなどの体質を考慮してです。しかし、それを理想的に行うには、さまざまなハードルが待ち構えています。

まず、大きな病院の前に幾つかある門前薬局、処方箋の数が非常に多くて、ゆっくり患者さんとお話している余裕はありません。で、それがイヤだから、少し離れた小規模な薬局に行ってみても、患者さんすべてと、理想的コミュニケーションが取られるわけではありません。「どうして、お医者さんに言った事と同じ事言わなきゃならないの?」「もう、何年もこの薬を飲んでいるからわかっとるわ。」などと、言われることもしばしばです。

その上、ノンコンプライアンスと言って、薬剤師側がいくらていねいに説明しても、決められたとおり飲んでくれない事もしばしばです。忘れる、だけならまだしも、いっぺんに処方量以上飲まれたりして、危険な場合もあります。

さらに、前に掛かった病気と同じだからと言って、取っておいた薬を勝手に飲まれたりすることもあります。同じ病気でも、その時々で症状も違うし、これが水薬や散剤だった場合、変質している事もあって、効きません。

で、最近多いのは、リタリンという薬を、気持ち良くなると言う理由で、色んなところの精神科を回ってかき集めている困った人も居ます。

また、薬剤師も同じ薬局で留まっている事が少ないです。せっかく、信頼関係が築けたのに、あの薬剤師さん、もういないの?なんてこともあるようです。それは、薬局はけっこう狭い場所で顔をつきあわせて働いているので、人間関係が大変だからです。すぐ、やめてしまうのです。それは、もう少し広い場所で働いている看護師や医療事務員でもそうです。それで、医療求人が多いと見えても、内実、医療現場と薬剤師・看護師などの、シャッフルが起こっているだけなのです。

そんな中にあって、少しでもふんばって、患者さんと関係を作っていけますか?そう思う人は、薬剤師を目指してください。

自己紹介が遅れてしまいました。山澤智香と申します。長年薬剤師と勤務し、今は主婦業を営んでいます。冒頭からものすごい勢いでまくしたててしまいましたが、このサイトでは、ひたすら建前抜きの本音で語りたいと思っています。

もちろん、読んでいて不快感を覚えることもあると思います。でも、それぐらいの覚悟をもって、薬剤師という道を選んで欲しいと願っています。どうぞ、よろしくお願いいたします。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.