薬剤師

企業に勤務する薬剤師

大きく分けて、研究開発、学術、営業、治験があります。

研究開発は、最もイメージしやすいですね。薬剤師で企業に勤務と言うと、ほとんどこれだと思っているのではないですか?
でも、そういう人はごく一部のエリートなのです。たいていが、旧国公立帝国大学の薬学部か、上位数校の薬科大学を出た人しか採ってくれません。マイナーな企業なら、新設薬科大学でも求人がありますが、珍しいです。だから、新設薬科大学の人は、旧国公立帝国大学の大学院を狙うルートを取る人も居ます。

仕事の中身は、薬を合成する方法を考えたり、バイオなどで新しい医薬品を作ったりします。漫画「動物のお医者さん」などで、 研究開発の仕事は面白そうに見えます。確かに、探求することが好きな人にとっては、面白いでしょう。 ただ、あの漫画は、和気あいあいとした研究現場のみを取り上げているので現実とは違う面もたくさんあります。

学術は、海外からの必要な文献を翻訳して、企業が利用しやすいようにします。もちろん、英語が出来る事が条件です。この専門英語。使われる単語が決まっていて、薬剤名や化学反応名がそのまんまなので、慣れれば量が読めます。研究者からお医者さんまで、通常業務の片手間に勉強して、読みこなしていますからね。 学術は、大学名よりとにかく、英語が出来るかどうかです。最近は、インターネットの普及で、ほとんど家のパソコンで作業する場合もあります。

営業は、お医者さんに薬を売り込む仕事です。特殊な職業の人とうまくお話できて、車に乗れるのが最低条件です。ハードですが、一人で行動するので、デスクワークや調剤室にこもるより、精神的には楽な面もあります。これも、学校名は関係ありません。

治験は、厚生労働省に認可して欲しい薬を、治験志願者や患者さんに試してもらう仕事です。そこで得たデータは、認可のために整理されて使われます。なり手が少なく、採用はされ易いと言える業種です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.