薬剤師

ドラッグストアにいるのは?

ほとんどが、薬の知識を教育された社員さんです。薬剤師は、その店が、「薬店」ではなくて、「薬局」となるためのお飾りだったりします。実際、パートが多く、店が開いている間中いる事は稀です。いわゆる免許貸しほど極端ではないですが、そこにいることが大事なのです。

本当は薬を売る以上、常時いないといけないので、ライバル店が意地悪のために密告したりします。が、最近は規制緩和でそういう事も減ってきましたね。

社員さんがする薬の説明も、最近は勉強していて、なかなかお客さんによくあったものを選んでいるようです。が、二つほど深くないなあ、と思う点もあります。

まず、症状対応でのみ薬を出している事。鎮痛薬など急を要するものはそれでいいのですが、胃腸系、婦人系などは根が深い病を売薬で抑えている場合もあります。お薬を売りつつも、ちゃんとした治療も奨めるべきです

強い胃腸薬ばかり買っている人は、一度胃カメラを飲まなくていいのか?一見貧血だと鉄剤ばかり飲む人は、どこかの臓器から出血しているのではないのか?などです。

また、どうしても自社製品やひいきの問屋さんの薬ばかりを奨める傾向があること。奨めるのはそれなりの良さもあるからですが、あまり偏った売り方はどうかと思います。

薬剤師は、パートが多いので、あんまり熱心でない人も居ます。市販薬を売るのはあまり専門的な知識が生かせないので、面白くないせいもあります。だから、薬の知識と同じように、お客さんとの対応、売り場の工夫なんかも面白いと思えればいいのですが、なかなかそうは行きません。

これは、医師にも言えることです。どうしても手先が不器用なので、対人接触が重視される科目を選んだものの、人柄の方も不器用で、患者さんとうまくいかない場合も良く見ます。やはり、適性を考えないといけません。そこまで極端ではないにしろ、勉強だけでなく総合的な能力も必要だと思います。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.