薬剤師

薬は面白い

一見、バラバラで統一性が無いように見えますね。薬の事を知らないうちは。でも、胃薬から血圧の薬、抗生物質まで、系統立てて成り立っていて、覚えていくと面白いものですよ。

なんだか、鉄道の路線のような感じです。どの路線に何駅があって、どこで路線が交わっているかのように、きれいに並んでいます。薬でも、抗アレルギー薬が精神作用をもっていたりと、微妙に重なり合っているのです。

また、薬の強い弱いなどは、わずかな有機物の構造で、グラデーションのように変わってきます。同じ系統の薬でも、副作用が強く出るタイプ、とか、習慣性の出やすいタイプとか、変わってくるのです。

薬によっては、気分をハイにさせてくれるものもあります。もちろん、特殊な状況で医師の判断により投薬されるわけですが、生体物質と非常に良く似ています。前に言ったように、興奮して応援しているとき、必死に何かに打ち込んでいるとき、覚せい剤系の成分が出てきます。リラックスしているとき、癒されているとき、麻薬系の成分が出てきます。なんと、体内で合成されるのですよ。しかも、依存や禁断症状などもありません。しかし、合成した薬品は、医師の処方どおり投薬しないと、危険です。

悪くなれば、みんなお薬で抑えれば治ると思いますか?白い巨塔などでは、「抗生物質で叩いておけ!」なんてセリフもあります。抗生物質など、確かにそんな面もあります。ですが、血圧の薬などは、薬だけで抑えられない場合もあるようです。

高血圧は、無意味にカッカカッカする人がなり易いと聞きます。その根本を直さないで、徒にキツイ薬だけ投与しても、はかばかしくありません。やはり、病気だけでなく、生活から、精神状態まで見直して初めて、効果が出るようです。

また、同じ薬でも出す医師によって、効果がかわって変わってきたりします。これは、精神科の患者さんに多いのですが。なんか、精神のデリケートな人は、この先生が出した、とか言う事にこだわりがあるようです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.