薬剤師

MRを目指した理由

本記事は元薬剤師で現在MRとして活躍されている方による寄稿です。

私は学生時代に就職活動をしている時点でMRと薬局薬剤師のどちらかで悩んでおりました。父が、薬剤師ではありませんがMRをしておりましたので元より興味を持っていました。薬局薬剤師は薬局実習を通じて多少は経験していましたが、MRは『営業』という未知の世界でしたので、挑戦してみたい気持ちと、踏み込めない気持ちが共存していたのです。

また、せっかく薬剤師という資格を苦労して取得するのですから、その資格を持ってなければできない仕事をしてみたいという気持ちもあり、結局、まずは国家試験の知識の残っているうちに、薬局薬剤師を経験してみるという結論に至ったのです。病院薬剤師が選択に入っていなかったのは、夜勤などのシフトが生活スタイルに合わないと感じたためで、仕事としてはやりがいがありそうだと感じてはいました。

実際に薬局薬剤師になってみて、もちろんやりがいはありました。患者さんとの会話の中で、役立つお話ができた時、感謝された時などは特にやりがいを感じました。薬局薬剤師の仕事が嫌だった訳では決してありません。

しかし、漠然と「私には合っていない」と感じていました。

調剤薬局の仕事は、基本的には『処方せんの受け付け、調剤、投薬、薬歴の記録』といった流れの繰り返し作業です。そういった、毎日が同じ流れの繰り返しであることが少し退屈に感じていました。逆に言うのならば、その同じ流れの中で「毎日違う処方や、違う患者さんとの出会いがある」や「同じ処方でも患者さんが違うということで全く違う投薬内容になる」などの仕事への楽しさを感じることができるのであれば調剤薬局の仕事が向いているのだと思います。私はその楽しさよりも、退屈さを強く感じてしまったので、合っていないと感じたのだと思います。『与えられた仕事(処方せん)をこなしていくこと』よりも、自分でどのような仕事をするか考えて働いてみたかったのかもしれません。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.