薬剤師

薬局薬剤師を経験して

本記事は元薬剤師で現在MRとして活躍されている方による寄稿です。

また、薬局で勤務していた際、努力や実力が目に見えにくいということにも不満を感じていました。もちろん頑張った分は評価されるのですが、それが不透明だと思っていたのです。

具体的に言うと、薬歴の記録が速く、多くの件数の投薬をこなす人も、薬歴の記録が遅く、少ししか投薬をすることができない人も、そう変わらない報酬を得るということです。評価は変わるかもしれませんが、私の在籍していたチェーン薬局で人事に大きく関わるのは本部の人間であり、実際の仕事の様子を見ての評価だけではありませんでした。

また、忙しい職場で、意識的にゆっくりと仕事をする人がいれば、その不満はさらに大きくなります。報酬や評価のこと以外にも単純に他の人に負担が回るからです。他には、仕事に対してあまり熱心ではない方がいたように感じます。現在の薬剤師という資格は、職に困らないからでしょうか。

そして、決め手となったのは、薬局薬剤師では処方に関われないということです。実際の所、処方意図すらわからないことがあります。添付文書上の薬効、適応外…それらどちらにも当てはまらない、医師の考えがあることもしばしばです。患者さんとのお話の中で解決することもありますが、結局わからないまま服薬指導をしたこともありました。

また「この薬が、こう処方されていたらもっと効果が出るのに…」などと思うことがあっても、薬剤師の力には限界があります。提案をする疑義照会をすることができたとしても、それを聞き入れられなければそれまでですし、処方提案の疑義紹介など、薬局薬剤師にとっては現実的ではありません。
(病院薬剤師だとまた話は違うのかもしれませんが、私は経験していないため詳しくはわかりません)

結局、疑問を持ちながら投薬をした経験が薬局薬剤師なら、誰しもあるのではないのでしょうか。私は、もっと処方に関わりたいと思ったのです。

それらが、MRになれば叶うのではないかと考えました。
また、単純に、医師と話してみたいと思っていました。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.