薬剤師

MR薬剤師として

本記事は元薬剤師で現在MRとして活躍されている方による寄稿です。

薬学部を卒業し、薬剤師として社会に出た私は今、MRとして活動しています。一緒に卒業した人たちの中には最初からMRとして製薬会社に就職した方もいましたが、少数でした。一度薬局薬剤師になり、その後MRとなったというのはさらに少ないようで、ほとんど聞きません。新卒でMRとなり、その後薬局や病院の薬剤師となるパターンは少なくはないようですが…。

薬局で働いた経験は決して無駄になっていないと思っています。私はわずか1年でしたが、実際に患者さんと触れ合い、患者さんが病気に向かう感情、実際の服薬状況、薬に対する考え方など、最初からMRになっていたら決してわからなかった多くのことを知ることができた期間でした。

MRは基本的に自社の製品に関する疾病には詳しいのですが、それ以外のことはあまり詳しく勉強しません。薬局薬剤師の仕事の中で多くの疾病や薬について得た知識も今、生きていると思います。また、チェーン薬局に勤めていたこともあり、薬剤師間のコネクションを得たことがMRの仕事の中で重宝しています。担当している病院の薬剤部や門前薬局に知り合いの薬剤師がいると、より多くの情報を得ることができるからです。これらの薬局薬剤師を経験したことによる利益は長く薬局に勤めていた人ほど多く得られるかもしれません。

これは個人の感覚だとは思いますが、薬局薬剤師の頃と比べて、仕事の内容は大変で、楽しいです。薬局薬剤師と違い、仕事の内容を自分で決めて働くこと。評価は数字に表れ、それに従って報酬も決められるということ。本当に全く違う仕事だと言えると思います。

MRは薬局薬剤師のように患者さんのことを第一に考えるというわけにはいきません。自社の製品を使ってもらうことが優先されますので、他社の製品の方が向いているかもしれない病態に対して自社の製品を勧めなくてはならない場面や、薬が必ずしも必要と言えない病態に対して薬を使用してもらうように勧めなくてはならない場面などに出会うこともあります。MRの立場と薬剤師の立場とでの葛藤が生まれます。その中で、薬剤師としての知識や経験を生かし、医師や患者さんに納得して治療に臨んでもらえるような確立されたエビデンスの情報の提供や、治療方針の提案などができるMRになって行きたいと思っています。

薬局、病院薬剤師からMRへの転職は、少し遠回りかもしれませんが、私は『アリ』だと思っています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.