薬剤師

服薬指導のありかた

本記事は院内薬局や調剤薬局で長くキャリアを積まれた薬剤師の方による寄稿です。

今回のテーマは薬剤師の腕の見せ所、服薬指導についてです。服薬指導において薬剤師の頭を悩ませるものの一つに患者のノンコンプライアンスがあります。

特定の薬の副作用について、各報道機関を通じて危険性を強調するようなニュースが流れることがあります。そしてそれを目にした患者さんが「私の飲んでいるあの薬、大丈夫かしら?」と心配し自己判断で勝手に服薬を辞めてしまうというようなケースが見受けられます。そこで薬剤師の出番です。もし服薬指導時に薬剤師が患者さんの不安に耳を傾け、的確に助言することができれば、そのような事態を回避できることでしょう。

ここで質問です。あなたの服薬指導、ひたすら薬学的情報を提供するだけの服薬指導になっていませんか?

もちろん患者さんに服用する薬の情報をお伝えすることは重要ですが、一方的に説明して、はい終わり、で本当によいのでしょうか。今の時代、患者さん自身がインターネットなどで自分のもらった薬を調べることができる時代です。薬の説明だけをしているような薬剤師は必要ないと思いませんか?

また、患者さんのことを心配するあまりに「このまま放っておくと大変なことになりますよ」と某バラエティー番組の決めゼリフのように脅迫モードになっていませんか?

薬剤師たるもの、患者さんを不安にさせるようではいけません。そしてまた、陥りやすいケースとしてお説教口調の服薬指導があります。果たしてそれで患者さんは服薬しようという気持ちになるでしょうか?

服薬指導の目標はあくまでも患者さんが正しく服薬できるよう導くことです。前述の副作用報道を目にした患者さんの事例でも分かる様に、なぜノンコンプライアンスに陥ったのか患者さんの発する言葉の裏にある本当の気持ちを読み取ることが重要です。あなたの薬学的知識+カウンセリング能力が患者さんのコンプライアンスを左右します。患者さんの言葉にしっかり耳を傾けてくださいね。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.