薬剤師

目標と現実のギャップを認識する

本記事はキャリアに造詣の深いビジネスプロフェッショナルの方による寄稿です。

さて、自分の本音がわかった後も、いきなり行動する前に一休みです。自分の目指すところがわかったのですから、次は目指す自分と今の自分のギャップを洗い出しましょう。

たとえば自分が描く理想の自分像があったとしましょう。その理想像と今の自分を多方面から比較してみて下さい。今の自分で十分だと思えるなら、何も問題ありません。そのままのあなたで明るい未来が待っています。でも、普通の人なら何かしらのギャップがあるはずです。能力や知識、考え方など、人によってそのギャップのかたちは様々だとは思いますが、次に大切なのは、そのギャップを認識した上で、どう埋めていくかを考えることです。

転職というのはステップアップに最もふさわしいタイミングです。今の自分のままだと、今と同じ高さの仕事にしか就けません。でも、今のあなたから一歩でも二歩でもレベルアップしたなら、きっと今よりもステップアップした仕事に就けるはずです。何も難しいことはありません。この段階で差を生むのは、能力の問題ではなく、「やるかやらないか」の意欲の問題です。

ギャップを埋めるための手段はいくつもあるかと思います。セミナーや勉強会に参加する、学生時代の復習をする、復学する、資格を取得する、等々、あなたが認識したギャップにあわせて選択して下さい。もちろん、仕事が手につかなくなっては本末転倒なので、今の仕事と転職活動とを並行して進められるよう、時間のやりくりをして下さい。朝の時間や隙間時間を活用するのが良いかもしれません。

この段階で調べたことがきっかけで、薬剤師以外の仕事に興味を持った人も珍しくありません。今まで歩んできた道を振り返り、先を見ることで、人生という視点からキャリアを判断できるようになります。恐れることはありません。未来はあなたの前にしかありません。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.