薬剤師

ナ行の薬剤師用語

ナ行の用語一覧

生ワクチン
ナンセンス変異
二次感染
二重盲検法(Double Blind Method)
日常生活動作(ADL: Activities of Daily Living)
尿中排泄率
ニューロン
脳死
脳波
ノンコンプライアンス

生ワクチン

毒性を弱めた微生物やウイルスを使用し、感染症の予防に用いる医薬品です。生きている病原体を使うため、ワクチン株の感染による副反応を発現する可能性があります。生ワクチンの主なものとして、BCG、経口生ポリオワクチン、麻疹ワクチン、風疹ワクチン、流行性耳下腺炎(おたふく)ワクチンなどがあります。

ナンセンス変異

DNAから合成されたmRNAは、タンパク質を合成するための鋳型となる開始コドンから終止コドンまでの連続したコドンから構成されるコード領域を含んでいます。このコード領域内のアミノ酸のコドンが終止コドンに変わることをナンセンス変異といい、これにより、通常合成するタンパク質よりも短いポリペプチドが合成されるようになります。

二次感染

最初にある病原体に感染した後で、別の病原体に感染することを二次感染といいます。また、伝染病において、感染した人から他の人に伝染した場合、これを二次感染と呼ぶことがあります。

二重盲検法(Double Blind Method)

治験薬の薬効を客観的に調べる臨床試験の方法で、被験薬とプラセボを投与し、誰にどちらを与えたかは被験者にも医師にも分からないようにしておき、結果を統計学的に判定します。二重盲検法によって実施される臨床試験を二重盲検試験(DBT: Double Blind Test)、二重盲検比較試験(Double Blind Study)といいます。

日常生活動作(ADL: Activities of Daily Living)

食事、排泄、入浴など、日常生活を営む上で、普通に行っている基本的行動を指します。リハビリテーション分野における患者の機能障害や効果測定のために開発されましたが、近年では高齢者の生活機能の尺度として用いられています。

尿中排泄率

投与された薬に対し、尿中に排泄された未変化体の割合のことをいいます。

ニューロン

神経細胞のことで、その機能は情報処理と情報伝達です。ニューロンは、本体の細胞体の部分、細胞本体からの信号を他のニューロンに伝える軸索、他のニューロンからの信号を受け取る樹状突起からなります。人間の脳の中には約140億個のニューロンがあるといわれています。

脳死

脳の機能が失われた状態で、今後の回復が見込めない状態のことをいいます。

脳波

脳内で発生する電気活動を頭皮につけた電極で記録する方法のことです。脳波検査は、てんかん、脳腫瘍、脳挫傷などが疑われる時に行われます。

ノンコンプライアンス

医療の分野でノンコンプライアンスとは、医師から処方された薬剤を患者が指示通り服用しないことをいいます。患者が処方をしっかり理解していない、飲み忘れる、薬物の有効性を信用していない、薬物服用に対して不安がある、飲みづらい薬である、など、ノンコンプライアンスには様々な原因が考えられます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.