薬剤師

ラ行・ワ行の薬剤師用語

ラ行・ワ行の用語一覧

リード化合物
理学療法士
罹患率
リスクファクター
離脱症状
臨床検査
臨床試験
レシピエント
レセプト
レトロウイルス
ワクチン

リード化合物

医薬品開発において、新薬候補となる十分な活性を有する化合物のことをリード化合物と呼びます。

理学療法士

身体に障害のある人の基本的動作能力の回復を図るため、運動、日常生活動作訓練、マッサージ、電気治療などを行う人のことです。

罹患率

罹患とは病気にかかることをいい、罹患率は、一定期間内に新たに発生した患者の、単位人口に対する割合をいいます。

リスクファクター

直接の原因ではないが、それがあることにより、病気にかかりやすくなるという要因、または促進因子のことをいいます。

離脱症状

アルコール、ある種の薬物、タバコなどの摂取をやめようとする時に、ふるえ、頭痛、吐き気、不眠、強い不安感など、不快な身体的、精神的症状が起こることをいいます。

臨床検査

病気の有無や診断をするために患者に行う検査のことです。

臨床試験

人での有効性、安全性を確立するための試験を臨床試験と呼びます。また、厚生労働省による承認を受けるために行う臨床試験のことを治験と呼びます。

レシピエント

臓器移植、骨髄移植などにおいて、移植を受ける側の患者のことです。

レセプト

医科、歯科では診療報酬明細書、薬局での調剤の場合は、調剤報酬明細書とも呼ばれます。患者が病院で診察を受けた際の自己負担額の料金(医療保険負担分の料金)を、医療機関が保険者(市町村や健康保険組合など)に請求するための書類です。

レトロウイルス

成人T細胞白血病ウイルス、AIDSの原因ウイルスであるHIV(ヒト免疫不全ウイルス)は、レトロウイルスと呼ばれ、遺伝情報をRNAに蓄えています。レトロウイルスは宿主の細胞に感染した後、逆転写酵素により、自分の遺伝子であるRNAをDNAにうつしかえて、宿主のDNAの中に入り込み、自分のウイルスを増殖させます。

ワクチン

ワクチンは、毒性を無くしたか、あるいは弱めた病原体から作られるので、病気を引き起こす力はありませんが、抗体を作る能力はあります。そのため、病原ウイルスに感染する前に、あらかじめワクチンを注射しておき、体内に中和抗体を作り、病原ウイルスの襲来に備えます。その後に病原ウイルスが体内に侵入しても、体内にはすでに中和抗体があるので、ウイルスは増殖できず、病気の症状も起きません。毒性を弱めた微生物やウイルスを使用したものを生ワクチンといい、ワクチン株の感染による副反応が発現する可能性がありますが、獲得免疫力が強く、免疫持続時間が長いという特徴があります。一方、病原菌の活性を失わせたものを不活化ワクチンといい、生ワクチンより副反応は少ないですが、獲得免疫力が弱く、免疫の続く期間が短く、複数回接種が必要なものが多いです。不活化ワクチンの主なものには、インフルエンザワクチンが挙げられます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.