薬剤師

スマホで「お薬手帳」管理 京都府内でアプリ導入

一部メディアの報道によると、薬の処方歴などを記録する「お薬手帳」を、スマートフォン(スマホ)で管理できる無料の専用アプリが、京都府内で導入されました。普段持ち歩く携帯電話で管理することで、災害や事故など不測の際にも、病院や薬局が服用中の薬に関する情報を把握しやすくなります。

「お薬手帳」は、複数の医療機関にかかる場合、薬の重複や不適切な飲み合わせが起こるのを防ぐため、医師会や薬剤師会などが発行しているもので、主にA6判で冊子状になっており、これまでに処方された薬の名前や量、服用回数、副作用、アレルギー歴などが記録されています。

ただ、冊子状の手帳は持って行くのを忘れたり、紛失したりすると後からの記録に手間がかかり、役割を果たせない場合もあります。東日本大震災では津波に流されるなどでこの手帳を紛失したり、避難時に持ち出せなかった被災者が病院で診察を受ける際、服用薬の特定に手間取るケースが目立ったといいます。

緊急時に「お薬手帳」を持ち出せなかった多くの場合でも、携帯電話やスマートフォンは持ち出せていたことから、それらに普段から「お薬手帳」の情報を入れておくことで、万一の場合でも服用中の薬の情報を正確に知ることが可能となります。

冊子状の「お薬手帳」のこうした短所を補おうと各地で手帳の電子化が進んでおり、京都府は大阪で開発されたアプリの導入を決定し、府薬剤師会と共同で、薬剤師らへの啓発や機器の整備を進めてきました。「京都e-お薬手帳」と名付けられたこの専用アプリには、Android用とiOS用があり、京都府薬剤師会のホームページなどから無料で取得できますが、アプリのダウンロードには別途データ通信が発生します。なお、ダウンロード時は「大阪e-お薬手帳」と表示されます。

薬歴はカレンダーに手入力しますが、府内に約850か所ある薬局のほぼ全店で渡される明細書に示されたQRコードを読み込めば、その日の処方薬が自動的に入力されますし、一つのスマホで複数人の薬歴も管理でき、家族らの状態管理にも役立ちます。

ただ、「お薬手帳」そのものが電子化されたということではなく、あくまでも冊子状の「お薬手帳」を持参していない時や万一の時のためにという位置づけであるため、それぞれのメリットを生かして併用することが望ましいと 府薬剤師会では呼びかけています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.