薬剤師

人見知りするタイプ

案外薬学部には多いのです。ちっちゃい頃から対人接触やほかのゴチャゴチャしたことを、嫌ってきた人が多いのかもしれません。 でも、ご心配なく。そうした人見知り度に合わせて、グラデーションのように派閥ができます…

»詳細を見る

ルーズなタイプ

薬はだいたい500~1000種類、薬局内にあります。それを、みんな覚えていないといけないし、賞味期限や有効期限を管理しなければなりません。日常で教科書や携帯などをなくすレベルではおぼつかないでしょう。 薬…

»詳細を見る

大局を見ないタイプ

薬局内の薬はだいたい500~1000種類あります。けど、全部的確に管理している時間はありません。やはり、優先順位をつけて、良く出る薬はどこに置いたらいいのか?切れてもスグ手配できるのかなど、押さえるべき…

»詳細を見る

コンプレックスが強いタイプ

コンプレックスは、いにしえの昭和の初期、心理学者が間違って劣等感と訳してしまいましたが、フロイトは、そんな事だけ指しているのではありません。コンプレックスとは、何らかの事象に対する、物凄く感情をかき乱さ…

»詳細を見る

神経が細かすぎるタイプ

調剤は、神経を使う仕事です。しかし、いつもピリピリしていたのでは、8時間も働けません。やはり、メリハリが必要です。 何を注意すればいいのか?何を見ればいいのか?押さえるべきところを押さえて調剤しないと神経…

»詳細を見る

融通が利かないタイプ

薬学部を目指す人の中には、真面目さが少し方向をまちがうこともあります。化学などのノートを作るのにも、それだけにヘトヘトになってしまって、勉強が進まない場合もあるのではないですか?そういう傾向があるならば…

»詳細を見る
スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.