薬剤師

スマホで「お薬手帳」管理 京都府内でアプリ導入

一部メディアの報道によると、薬の処方歴などを記録する「お薬手帳」を、スマートフォン(スマホ)で管理できる無料の専用アプリが、京都府内で導入されました。普段持ち歩く携帯電話で管理することで、災害や事故など…

»詳細を見る

日東電工、今夏にも米で肝硬変患者に新型バイオ薬の治験

一部メディアの報道によると、日東電工(本社・大阪市北区)は今夏にも肝硬変患者に「核酸医薬品」と呼ぶ新型のバイオ医薬品を投与する臨床試験(治験)を米国で始めます。「核酸医薬品」はDNA(デオキシリボ核酸)などの…

»詳細を見る

小児がん「神経芽腫」の新薬 承認目指して治験開始

一部メディアの報道によると、、再発を繰り返す治療の難しい小児がんの一種「神経芽腫」の再発を抑える国内初の新薬の治験を国立がん研究センターと大阪市立総合医療センターなどのグループが今月から始め、東北大学、…

»詳細を見る

救急医療156病院に精神科薬大量服薬で搬送、問われる処方

一部メディアの報道によると、精神科の薬を一度に大量に服薬した患者の搬送を受けた救急医療機関が、2012年は全国で少なくとも156病院に上り、うち約3割にあたる46病院は年間50件以上搬送されていることが、メディアが独自に [...]…

»詳細を見る

口に含むタイプの花粉症治療薬、厚労省が初めて承認

一部メディアの報道によると、厚生労働省は17日スギ花粉症の根治を期待できる口に含むタイプの新治療薬を初めて承認しました。12歳以上が対象で、1日1回、2年以上の毎日の服用によって症状が治まることが期待されています。4月…

»詳細を見る

抗凝固薬服用の患者、肺炎で死亡例も バイエルが注意喚起

一部メディアの報道によると、血を固まりにくくして脳卒中の発生を抑える薬「イグザレルト錠」(バイエル薬品)を服用した患者13人で、副作用とみられる間質性肺炎が起き、少なくとも1人が死亡していたことが分かり、同社…

»詳細を見る

世界最高性能「創薬スパコン」2014年中に稼働へ 理研神戸

一部メディアの報道によると、創薬(新薬の研究開発)を主な目的としたスーパーコンピューターで世界最高性能になるとみられる「創薬スパコン」を、理化学研究所(理研)生命システム研究センター(神戸市中央区)など…

»詳細を見る

タミフル耐性ウイルス 札幌市で感染相次ぐ

一部メディアの報道によると、抗ウイルス薬のタミフルとラピアクタが効きにくいタイプのインフルエンザウイルスに感染した人が、札幌市で相次いで見つかり、国立感染症研究所は、リレンザなど別のタイプの薬を選択する…

»詳細を見る

iPSを使い難病研究者と創薬 山中教授がネットワーク本格化

一部メディアの報道によると、京都大iPS細胞研究所長の山中伸弥教授は27日、iPS細胞を使った難病の治療薬開発を加速させるため、難病を研究する全国の医師らとネットワークをつくると明らかにしました。今秋着工し来年度に完成…

»詳細を見る

14年4月から、「うがい薬」のみの処方を保険適用外に

一部メディアの報道によると、政府は2014年4月から、「うがい薬」のみを患者に処方する場合は公的健康保険の適用対象から除くことを決めました。医療用の「うがい薬」は市販品と成分や効能が変わらないのに、保険適用のため…

»詳細を見る
Page 1 of 1112345...10...Last »
スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.