薬剤師

厚労省の覆面調査結果発表。7割が規定違反か

一部メディアの報道によると、厚生労働省の覆面調査結果が発表されたようです。 そのリスクの高さから販売時の文書での情報提供が義務づけられている第一類の一般医薬品に関して、規定通りの情報提供を行っている薬局・…

»詳細を見る

偽造医薬品が猛威。偽ED治療薬に注意喚起

WHOの発表によると、世界中の偽造医薬品の市場規模は2010年で約750億ドルという途方もない規模に達しているそうです。この数字は日本の年間の医薬品生産額とほぼ同額で、その隆盛ぶりを感じることができます。 日本国内で20 [...]…

»詳細を見る

トラニラストに月経困難症の予防・治療効果

一部メディアの報道によると、抗アレルギー薬やぜんそくの治療薬として使われているトラニラストに、月経困難症に伴う下腹痛や腰痛などの症状を改善する効果があることを突き止めたそうです。 発表によると、効果は卵巣…

»詳細を見る

大塚製薬がロチゴチン貼付剤を国内承認申請

一部メディアの報道によると、大塚製薬が13日、パーキンソン病と特発性レストレスレッグス症候群(RLS)に効果のある薬としてロチゴチン貼付剤の国内承認申請を行ったそうです。 ロチゴチン貼付剤は皮膚から吸収するタイプの…

»詳細を見る

無承認の錠剤薬販売で荒稼ぎの業者が摘発

一部メディアの報道によると、無承認の錠剤薬を、脂肪を燃焼させる効果があると謳い販売目的で保管していた業者の社長ら2名を逮捕したそうです。 この無承認薬によって荒稼ぎした金額は約1400万円とみられ、魅力的なキャッチ…

»詳細を見る

東大生の4人に1人が受験時に下痢止め薬を携帯

下痢止め薬ストッパを販売するライオンの発表によると、東大生の4人に1人が受験時に下痢止め薬を携帯していたそうです。 調査結果は現役東大生200人に対するアンケート調査によるもので、母数が200人とはいえ、受験時の万が一に [...]…

»詳細を見る

大日本住友製薬が、アルマールの名称変更へ

一部メディアの報道によると、高血圧症治療薬として有名な大日本住友製薬のアルマールが、名称が非常に似ているアマリール(サノフィ・アベンティス社)との勘違いを防ぐための処置として、販売名の変更を厚生労働省に…

»詳細を見る

C型肝炎ウィルスに予防薬開発の可能性

一部メディアの報道によると、広島大病院長の教授による研究チームが、特定のタンパク質がC型肝炎ウィルスを誘因する物質であることを突き止めたそうです。 C型肝炎といえば、国内での感染者数が約200万人といわれ、世界では1…

»詳細を見る

最新の副作用情報を日本語で検索可能なサービス登場

一部メディアの報道によると、米食品医薬品局(FDA)が公開している薬の副作用に関する情報を、日本語で検索・参照できるデータベースが京都大学の教授により開発されたそうです。検索サービスは京都大学発のベンチャー企…

»詳細を見る

大塚製薬がドライアイ治療薬へ成分応用

一部メディアの報道によると、大塚製薬が胃炎の薬として知られるムコスタの成分を応用したドライアイ治療薬を発売したそうです。 ムコスタといえばレバミピドが有効成分として知られ、胃壁を守る粘膜を増大させたり、胃…

»詳細を見る
Page 10 of 11« First...7891011
スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.