薬剤師

治療薬開発スピード向上へ 東大、がん治療の標的遺伝子の特定を効率化

一部メディアの報道によると、東京大学医科学研究所の宮野悟教授らはスーパーコンピューターを使い、がん治療の標的となりそうな遺伝子を効率よく探し出す手法を開発し、この手法を生かして3カ月で、がん転移にかかわる…

»詳細を見る

アマゾン、胃腸薬など「第2類」大衆薬販売を開始

一部メディアの報道によると、インターネット通販最大手のアマゾンジャパン(東京・目黒)は24日、一般用医薬品(大衆薬)の販売を開始し、解熱鎮痛剤や胃腸薬など需要が大きい「第2類」の取り扱いを始めましたが、一部品…

»詳細を見る

アトピー症状改善の化合物発見 京都大学大学院研究グループ

一部メディアの報道によると、アトピー性皮膚炎の症状があるマウスに特定の化合物を投与すると、体内で皮膚の保湿効果を高める物質が作り出されアトピー性皮膚炎の症状が改善することを、京都大学大学院・椛島(かばし…

»詳細を見る

厚生労働省 向精神薬使用に指針 認知症の周辺症状(BPSD)治療

一部メディアの報道によると、認知症の人は記憶障害に加え、暴言や妄想、徘徊(はいかい)などの症状が出ることがありますが、こうした周辺症状(BPSD)に対する薬物治療のガイドラインを7月、厚生労働省の研究班がまとめま…

»詳細を見る

糖尿病薬需要、17年に5000億円規模 新薬相次ぐ

一部メディアの報道によると、高齢化や食習慣の欧米化などで患者数が増えていることを背景に、糖尿病治療薬の国内販売が伸びています。調査会社・富士経済によると、糖尿病薬の国内市場は13年に前年比7.4%増の3962億円となる見 [...]…

»詳細を見る

知っている人2割だけ 薬の副作用被害救済制度

一部メディアの報道によると、薬の服用で副作用が出た場合に被害者に給付金が支払われる、国の「医薬品副作用被害救済制度」を知っている人は2割にとどまることが、PMDA(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)の調査で分か…

»詳細を見る

iPS医療、2年で承認 治療・創薬の安全基準統一

一部メディアの報道によると、iPS細胞を用いた再生医療や創薬の実用化に向け、官民による開発や環境整備の動きが加速しています。政府は再生医療と創薬で異なっていた安全基準を統一し、開発期間を最短2年と今よりも2分の1に…

»詳細を見る

脳卒中既存薬 フラッシュバックに効果か 千葉大が臨床研究へ

一部メディアの報道によると、つらい記憶が繰り返し突然よみがえる心的外傷後ストレス障害(PTSD)の症状の一つ「フラッシュバック」を減らすのに脳卒中の後遺症を改善する既存薬が役立つ可能性が高いとして、千葉大の研究…

»詳細を見る

ノロウイルス(Norovirus)の性質解明 薬の開発に

一部メディアの報道によると、毎年、多くの感染者が相次ぐノロウイルスについて、北海道大学などの研究グループは特定の腸内細菌に、吸着する性質があることが初めて明らかになったと発表しました。ノロウイルスの生態…

»詳細を見る

第一三共・エーザイ、「後発薬」の売上高を2倍に

一部メディアの報道によると、第一三共とエーザイはそれぞれ特許が切れた新薬と同成分の薬、いわゆる「後発医薬品」の品揃えを5~6割増やすとしており、第一三共は2016年3月期までに「後発薬」事業の売上高を2倍、エーザイは5年 [...]…

»詳細を見る
Page 3 of 1112345...10...Last »
スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.