薬剤師

アトピー性皮膚炎の治療、ステロイド薬の継続塗布が効果的

一部メディアの報道によると、アトピー性皮膚炎の治療では、ステロイド薬で湿疹を抑えた後も薬を塗り続けた方が、重症化を防ぐ効果が高いことが、浜松医科大と国立成育医療研究センターの研究でわかりました。 アトピー…

»詳細を見る

薬ネット販売について、首相が「解禁」表明

一部メディアの報道によると、安倍総理大臣は5日、経済の成長戦略に関する講演の中で、インターネットを使った市販薬の販売について、「消費者の安全性を確保しつつ、しっかりしたルールの下で、すべての市販薬の販売を…

»詳細を見る

製薬大手社員が臨床論文に不適切関与 研究の中立に問題

一部メディアの報道によると、製薬大手ノバルティス(本社・スイス)の日本法人は、社員が高血圧治療薬ディオバン(一般名・バルサルタン)の効果を調べる臨床研究のデータ解析にかかわっていながら、論文には社員の身…

»詳細を見る

電子版「お薬手帳」の実証実験 神奈川県でスタート

一部メディアの報道によると、神奈川県は15日、調剤された薬の種類や効能などを記録する「お薬手帳」の電子版の実証実験「神奈川マイカルテプロジェクト」を慶応義塾大学SFC研究所(藤沢市遠藤)と共同で藤沢湘南台病院(同…

»詳細を見る

エーザイ、6月上旬にも米で肥満症治療の新薬発売

一部メディアの報道によると、エーザイ(東京・文京区)は8日、米国で肥満症治療のための処方薬として13年ぶりに承認された新規化合物を使った肥満症治療の新薬「ベルヴィーク」(一般名ロルカセリン)を6月上旬にも米国子…

»詳細を見る

iPS細胞で創薬 京大・東大VBが京大に血液製剤の開発拠点

京都大学と東京大学の研究グループが設立したバイオベンチャー「メガカリオン」(東京港区 三輪玄二郎社長)が、あらゆる細胞に変化するiPS細胞を使い止血剤の生産に乗り出すことになりました。 年内に京都大学内に研究施…

»詳細を見る

C型肝炎、飲み薬で注射同等の効果 米テキサス大が確認

一部メディアの報道によると、C型肝炎の治療薬として開発された飲み薬が、注射薬のペグインターフェロンと同程度の効果があることを米テキサス大などの研究チームが確認し、米製薬企業ギリアドがこの新薬による治療を米…

»詳細を見る

33社で1064人が不正受験の疑い 薬の登録販売者

一部メディアの報道によると、一般用医薬品(大衆薬)の一部を販売できる「登録販売者」の試験で不正があった問題で、厚生労働省は18日、試験が始まった2008(平成20)年以降、少なくとも33社の延べ1064人が不正受験をした [...]…

»詳細を見る

市教委 給食事故防止で検討ー金沢

金沢市教委は、食物などによる激しいアレルギー反応「アナフィラキシー・ショック」の症状を緩和する自己注射薬「エピペン」を持つ子どもが増えていることを受け、2013年度、教職員への講習会も視野に入れ、小中学校での対…

»詳細を見る

厚労省、薬ネット販売に12条件 全面解禁が焦点に

一部メディアの報道によると、厚生労働省は5日、一般用医薬品(大衆薬)のインターネット販売のルールを議論する検討会を開き、専門家が相談に応じ症状を確認できること、大量購入の防止、最低1つの店舗をもつことなど12項…

»詳細を見る
Page 4 of 11« First...23456...10...Last »
スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.