薬剤師

厚労省、2~3年後をメドに薬の処方箋を電子化

一部メディアの報道によると、厚生労働省は2~3年後をメドに関係省令を改正し、医師が患者に渡す処方箋について処方した薬の情報をサーバーに蓄積し、インターネットを使って医師や薬剤師、患者が共有できるよう電子化を進…

»詳細を見る

失明防ぐ治療薬を開発 日本人起業の米ベンチャー 月内にも最終試験

一部メディアの報道によると、日本の研究者が米国で起業した創薬ベンチャー、アキュセラ社(ワシントン州シアトル)が、目の難病「加齢黄斑変性」が進行して失明するのを防ぐ治療薬を開発し、大塚製薬と共同で実用化に…

»詳細を見る

沢井製薬、後発薬を増産 関東工場の能力を2倍に引き上げ

一部メディアの報道によると、沢井製薬(本社・大阪市)は、新薬に比べ割安な後発薬を政府が普及を促していることもあり、拡大する需要に対応するため、50億円強を投資し後発薬を生産する関東工場(千葉県茂原市)の年間…

»詳細を見る

札幌医大 脳梗塞後遺症に治療薬 骨髄幹細胞で神経再生-3年後の実用化を目指す

一部メディアの報道によると、3月8日札幌医科大学(札幌市)が患者本人の骨髄にある幹細胞を使って脳梗塞を治療する再生医療の臨床試験(治験)を15日に始めると発表しました。リハビリで治らなかった手足のまひや言語障…

»詳細を見る

京都府立医大、薬の効果をめぐる論文3本を撤回

一部メディアの報道によると、高血圧治療薬の効果をめぐる論文3本が相次いで撤回され、研究の中心メンバー、松原弘明京都府立医大教授が辞表を提出しました。 多くの患者を何年も追跡した研究とそのデータは重視される…

»詳細を見る

大日本住友製薬、がんの再発・転移を防ぐ薬の承認申請へ

一部メディアの報道によると、大日本住友製薬はがん細胞をつくる「がん幹細胞」の治療薬を、早ければ2014年末に北米で承認申請するとしています。 大日本住友製薬は専任の医薬情報担当者(MR)を100人程度配置し、17年度に世 [...]…

»詳細を見る

薬のネット通販どこまでOK 推進派vs慎重派が綱引き

一部メディアの報道によると、厚生労働省が検討している一般用医薬品(大衆薬)のインターネット販売ルールで、リスクが高い第1類の販売を認めるか否かを焦点にネット販売推進派と慎重派が販売できる薬の範囲を巡って…

»詳細を見る

日本新薬、依存症患者向けに飲酒欲求を抑える薬、5月に発売 

一部メディアの報道によると、日本新薬はアルコール依存症患者が断酒をしやすくする効果を持つ医薬品を、厚生労働省の審議会が7日、販売に関して問題がないと判断したことを受けて5月に発売します。 特定の神経に働き…

»詳細を見る

高脂血症薬の後発薬製造費3割安く

一部メディアの報道によると、公益財団法人・微生物化学研究会の微生物化学研究所(東京・品川)は、医薬品としては世界で最も売れている高脂血症治療薬「リピトール」の後発薬を大量合成する技術を開発しました。 「リ…

»詳細を見る

武田薬品工業、糖尿病薬の販売許可を米国で取得し、今夏に発売

一部メディアの報道によると、大手製薬会社の武田薬品工業が07年に販売許可を申請し、米食品医薬品局(FDA)が審査してきた糖尿病薬「ネシーナ(一般名アログリプチン)」の販売許可を米国で取得したと発表し、ネシー…

»詳細を見る
Page 5 of 11« First...34567...10...Last »
スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.