薬剤師

基本的な調剤のマナー

医薬分業の推進に伴い、薬のスペシャリストとして薬剤師が活躍する場が増えてきました。今回から始まるシリーズでは調剤の基本を再確認し、さらには日常業務のスキルアップを目指していきます。第一回目の今回は、基本…

»詳細を見る

散剤調剤のお作法

散剤の調剤を始める前にまず確認してほしいことがあります。それは調剤に使用する電子天秤の水平あわせです。毎朝電源を入れる時、きちんと水平あわせをしていますか? 基本的なことですが、これが出来ていないと正確…

»詳細を見る

水剤調剤のお作法

水剤には希釈して交付するもの、原液で交付するもの、混合せず単独で秤量するものがあります。またアルファロール内用液、内服用ヨウ化カリウム液など光に不安定なものは褐色瓶で交付しましょう。沈殿などの外観変化を…

»詳細を見る

服薬指導のありかた

今回のテーマは薬剤師の腕の見せ所、服薬指導についてです。服薬指導において薬剤師の頭を悩ませるものの一つに患者のノンコンプライアンスがあります。 特定の薬の副作用について、各報道機関を通じて危険性を強調する…

»詳細を見る

服薬指導 実践編1 (吸入エアゾール剤)

前回は服薬指導のありかたについて書きましたが、今回からはそれを踏まえての実践編です。実践編第1回目の今回は吸入エアゾール剤を取り上げます。しっかりとポイントを押さえ、患者さんが安心して服薬できるようサポー…

»詳細を見る

服薬指導実践編2 (糖尿病)

服薬指導実践編の第2回目は糖尿病の患者さんに対する服薬指導です。 シックデイ対策やフットケアなど、糖尿病患者さんには気配りすることがたくさんありますね。インスリンをお使いの患者さんには、冷蔵庫の置き場所に注…

»詳細を見る

服薬指導実践編3 (小児用坐薬)

子供が発熱した時などによく処方される坐薬ですが、意外と使用法を熟知していない親御さんが多いようです。 まず、坐薬は冷蔵庫で保管しますが、冷蔵庫から取り出した直後だと冷たいので使う前に坐薬を少し手であたため…

»詳細を見る

服薬コンプライアンスの確保(赤ちゃん編)

「子供が薬を嫌がって飲んでくれなくて…。」 小児科の処方箋を受付ける薬局の薬剤師はこんな親御さん達の声をよく耳にするのではないでしょうか。赤ちゃんに限らず、服薬コンプライアンスの確保は薬剤師の重要な使命…

»詳細を見る

服薬コンプライアンスの確保(子供編)

4~5才のお子さんともなるとお薬の苦みを感じるようになり、服薬後にすぐ吐き出してしまうことが多く、困りものです。赤ちゃん編でお話ししたのと同様に小児の場合も服薬後に薬を吐き出してしまった場合の対応は原則的に…

»詳細を見る

服薬コンプライアンスの確保(大人編1)

大人の患者さんの服薬コンプライアンスの確保のための一つ目のキーワードは「その人にあった処方設計の提案」ではないでしょうか。 例えば、日によって夕食を取ったり取らなかったりする患者さんに1日2回朝、夕食後の薬が…

»詳細を見る
Page 1 of 41234
スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.